top of page

遺伝子組換え食品

おはようございます。


遺伝子組換え食品


遺伝子組換えコーンには、BT(バチュラス・チューリンゲンシス)と言う細菌が作る殺虫成分を作り出すように遺伝子組換えされたものがあり、この毒を昆虫が取り込むと、消化管に穴が開き、昆虫がが死んでしまうそうです。


そのBT毒を人体に入れると免疫細胞を破壊し、感染症や癌の原因になります。また、人の腸粘膜を破壊すると言う研究論文もあります。


更に、遺伝子組換え食品は、殺菌力があるので、腸内細菌のバランスが崩れる原因にもなります。すると、免疫、解毒、栄養を作り出す機能が落ちます。


アメリカの家畜は、遺伝子組換え作物が飼料として与えられているので、小腸が弱くなっているそうです。だから、あまりホルモンも食べない方が良いようです。


遺伝子組換え食品の影響が、腸の炎症、リーキーガット症候群、自閉症などにも出ているのかも知れません。


だからこそ、常に腸内細菌叢を守ることをしなければいけないですね。101株には、腸内細菌叢改善と言う特許があります。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Kommentare


bottom of page