top of page

重金属が持つ毒性で起こった健康被害

おはようございます。


富山県神通川流域で発生したイタイイタイ病はカドミュウムが原因で、熊本県、新潟県で発生した水俣病は水銀が原因でした。また、岡山県を中心に発生したヒ素ミルク中毒はヒ素が原因でした。


これら重金属が体内に蓄積し、重金属が持つ毒性で起こった健康被害でした。


腸内細菌たちは、重金属の毒性を弱めたり、重金属を菌体内に取り込み便として体外に排泄することもしてくれています。


色々な形で腸内細菌達は、宿主である人を守ってくれています。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page