top of page

食べ物で気をつけることは?

おはようございます。


玄米菜食と断食で早死にする。


元慶應大学放射線科の医師、近藤誠先生は、患者さんから「食べ物で気をつけることは?」と聞かれると「玄米菜食と断食をしないこと。痩せて体力が落ちて、早死にするから」と答えるそうです。

先生は癌の治療中で、玄米菜食や断食でみるみる衰えたり、癌が一気に増殖して、急死した患者さんを沢山見てきたそうです。その一方で、100歳を超えた元気な人は、肉・卵・乳製品などの動物性タンパク質をしっかり摂っていて、菜食主義者で100歳を超えている人は皆無だそうです。


菜食主義者の方は、酵素をたっぷり摂れるから健康になる。癌細胞が抑えられる。と言っているそうですが、酵素は、口から入れても消化管、腸内細菌の働きでアミノ酸に分解されます。そして、必要な分だけ、必要な形のタンパク質に再合成されて髪の毛からつま先まで、体の様々な組織を作る材料になります。


腸内細菌や肝臓、そして各臓器で作られる酵素は消化、吸収、代謝などを助けています。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page