top of page

骨と筋肉の話②

おはようございます。


骨と筋肉の話


骨の構造は、タンパク質の一種であるコラーゲンにカルシウムやリンやマグネシウムなどのミネラルが付着して作られています。そして、外側の緻密質と呼ばれる硬い部分と、内側の海綿質と呼ばれる網目状の柔らかい部分の二層構造で構成されることにより、強度と弾力性が保たれています。


骨の細胞も他な細胞と同じように、血液によって酸素と栄養の供給を受けなければいけません。その為に骨の内部にも血管やリンパ管が分布しています。


骨には血管やリンパ管や神経の通り道のハーバス管と外からの血液やリンパ管の通り道のフォルクマン管があり、骨に酸素や栄養を送ることにより、骨は成長を続け、硬さや弾力性を保っているのです。


このことからも、101株の血管掃除の作用は、骨の健康も守ることが分かりますね。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

Comments


bottom of page