top of page

ストレス

おはようございます。


近代文明が急速に発展してきたのは、イギリスで産業革命が起こり、それを機に電気製品が次々と作られるようになり、移動手段の乗り物も作られ、細菌による感染症に対する薬も発明されて、人類の生活は大きな変化を遂げてきました。さらに現代では、パソコンや携帯電話、インターネットSNSと凄まじい発展を遂げていますが、ここ200年のことです。


人類が誕生して700万年の中での、ほんの一瞬の期間で発展してきました。しかし、体は狩猟採集を送っていた頃から、ほとんど変わっていないのです。


狩猟採集時代から体はほとんど変わっていないにも関わらず、現代環境から受けるストレスは増えています。狩猟採集時代は、生命の危機が一番のストレスでした。食べ物にありつけない飢餓の心配、野生動物からの身の危険の心配、寒さや暑さから身を守るなど生命に関わるものでした。ところが、現代社会から受けるストレスは変化し、多岐に渡ります。体はほとんど変わっていないのに、ストレスは増えているから体が対応しきれていないことが病気が増えている原因でもあるのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

Comments


bottom of page