top of page

有害物質

おはようございます。


有害物質


悪玉菌は腐敗分解によってタンパク質やアミノ酸を分解し、アンモニア・インドール・スカトールなどの有害物質を作ります。


腸内環境が崩れて悪玉菌の多い方のオナラが臭いのは、インドール・スカトールなどの匂いの成分が沢山作られているからなのです。


悪玉菌は、主に脂肪分・タンパク質・アミノ酸を好み、餌にして生きています。餌にして分解する時の代謝物に硫化水素・アンモニア・インドール・スカトールなどの有害物質があるのです。


便秘や下痢の原因となり、長い期間、この状態が続くと大腸ポリープ・大腸癌などを発症させたりします。


さらに、肉に含まれるアミンと野菜に含まれる亜硝酸が胃酸と化学反応を起こしニトロソアミンという発癌物質が作られます。


消化の中で多くの有害物質が作られているのです。腸内環境を整えて善玉菌を増やすことで、善玉菌が作る酵素が有害物質を中和・無毒化していきます。


また、善玉菌が作る短鎖脂肪酸が有害物質などから腸を守るバリアを作っていきます。


日々是好日、素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野

閲覧数:19回

Comments


bottom of page