top of page

消化器官

おはようございます。


人体、37兆2000億個の細胞社会、この細胞社会を動かすエネルギーを作る材料を作っているのが消化器官です。私達は口から材料を入れていきます。その材料は口から肛門までの約10mもの管を通って、細かくされ、化学反応により分解され、腸内細菌達が関わって吸収できる形に変えられていきます。


口で噛み砕かれ、唾液で分解された材料は、胃で胃酸と言う強酸の消化酵素によってドロドロの状態にされます。そして、小腸の入口の十二指腸に運ばれて、膵臓で作られる膵液や肝臓で作られた胆汁酸と言う、アルカリ性の消化酵素によってさらに分解されます。


そして腸内細菌達が材料の一部を餌にして色々な物質を合成していきます。そのあと小腸から吸収されて、化学工場の肝臓に運ばれて、毒素などを分解して、血管を通って全身の細胞へと必要な物質が運ばれていきます。運ばれた材料によってタンパク質が合成され筋肉を作ったり、体の土台を作っていきます。さらに体を動かすエネルギーを作ったり、体の色々な部分を調整する成分とし働いたりしていきます。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Commentaires


bottom of page