top of page

腸内工場

おはようございます。


「腸内工場」


腸を人間を動かすガソリンを作る工場と考えたなら、口から入れた材料から腸内工場でガソリンが作られて行きます。そして、更に細かく精製していくのが腸内細菌達です。


その精製されたガソリンがハイオクのガソリンならば、良く燃えて良いエネルギーが作られます。良く燃えれば代謝も上がり体温も上がります。カスも残らず綺麗です。


しかし、精製が悪ければ不純物の多いガソリンが作られ、不完全燃焼を起こしエネルギーへの転換も悪くなります。そしてよく燃えなければ、体温も上がりにくくなります。また燃えかすが残れば、血管を詰まらせる原因にもなってきます。


いかに良く燃えるガソリン(栄養)が作られるかは、腸と腸内細菌の働き次第なのです。しかし、多くの方は材料ばかりを考えていますね。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page