top of page

腸内細菌⑦

おはようございます。


腸内細菌


この地球は、微生物(細菌)の星とも言えます。この地球上で細菌のいない場所はないと言っても過言ではありません。この空気中にも沢山細菌がいて、上空にも沢山の細菌が浮遊しているようです。その細菌を核にして水蒸気が集まり、その集まりが雲の粒となり雨粒となって落ちてくるようです。


今から46億年前に地球が誕生し、その頃はマグマが地表を覆い、大気中には窒素や二酸化炭素が満ちていて酸素はありませんでした。それから数億年経って生まれた生命が細菌だったのです。その後地球環境が大きく変わり、シアノバクテリアという光合成を行う細菌が誕生し、地球上に酸素が増え始めました。すると細菌達は、主に好気性細菌と嫌気性細菌のふたつに分かれて進化していきます。好気性細菌は酸素の豊富な地表に広がり、地球環境を左右しています。

一方、嫌気性細菌達は、酸素が届かない場所で生き伸びてきました。その嫌気性細菌達が、絶妙な住みかを見つけました。それが、人や動物の腸なのです。腸は酸素が無く、常に栄養が入ってくる天国のような場所なのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:5回

Comments


bottom of page