top of page

過剰診療

おはようございます。


医療データが癌の早期発見の害を示しているようです。医療統計学を専門とする医師が、自治体が実施する各種がん検診の中で、特に乳がん検診には過剰診断の弊害がつきまとっているといると言います。


実は、ほっておいても悪化しない、あるいは自然に消えてなくなってしまう腫瘍は一定数存在してるそうです。その代表的なものに、乳がん・前立腺がん・甲状腺がんなどがあります。これら命を脅かさない腫瘍まで治療してやっつけようとするのは、ムダな医療だと言う医師も多くいます。様々な医療調査から、乳がんの多くはほっておいても大きくならないか、小さくなってしまうものが多い事が分かっているそうです。

ところが、マングラフィォをして異常が見つかると病理検診をされてがんと診断され、手術から抗がん剤、放射線まで、ありとあらゆる治療をされてしまい、肉体や精神的な面でも本来受けなくいい大きな負担を受けてしますのです。早期発見のスローガンが過剰診療に繋がり患者に不利益をもたらしてしまう場合もあるのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page