top of page

消化管

2022年6月23日(木)の朝です。

おはようございます。


口から肛門まで続く一本の管が消化管です。


消化管の空洞の内側は体外で、空洞の外側が体内になります。口から入ってきた食べ物や異物(菌やウイルスなど)は、唾液により分解したり、異物を排除したりします。


そして、喉から食道を通り胃へと運ばれていきます。胃では、強い酸の胃液によって食べた物の分解が更に進み、異物を処理していきます。そして十二指腸に運ばれて、アルカリ性の消化液の膵液や胆汁酸で分解されます。


消化器官で粥状にされて、いよいよ腸の働きです。小腸に運ばれて、小腸液や腸内細菌の働きによって分解され、人にとって必要な栄養へと合成されて、小腸の粘膜から門脈を通って体内へと運ばれ肝臓へと運ばれていきます。

消化活動で残ったカスは大腸へと運ばれて、水分が吸収され固められて、腸内細菌が作る酸で刺激を受けて大腸の蠕動運動が活発になり、腸内細菌の死骸と共に肛門から排泄されていきます。


体外の消化管で栄養が作られて、体内へと吸収されていくのです。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

閲覧数:49回

Comments


bottom of page