top of page

肝硬変

おはようございます。


肝硬変


B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスによるウイルス感染やアルコール、脂質の摂りすぎや肥満、さらに免疫細胞の暴走による自己免疫疾患などで、慢性的に肝臓に炎症を起こしていると肝臓の細胞が繊維化して硬くなっていきます。


進行していくと肝機能が低下していき、肝臓がんが発症するリスクも高くなります。また、肝臓の細胞が硬くなることにより血液の流れも悪くなり、滞った血液が食道の静脈の方へ流れ出して食道に血液の瘤を作ってしまいます。


そのことを食道静脈瘤と呼び、瘤が破裂して食道に血液が大量に流れ出すと口から吐き出そうとする為、吐血したりします。

酷い場合は血液が気管に入り呼吸ができなくなったりして危険な状態になることがあります。


また、毒素が脳に周り肝性脳症などを引き起こして大変危険な状態に陥ることもあります。


101株は、肝機能改善剤と言う特許も取得しています。免疫を高め、血流を良くして。肝臓の細胞を守っていくことが大事です。


日々是好日、素敵一日にして下さい。

代表取締役 大竹野

閲覧数:29回

Comments


bottom of page