top of page

腸と脳②

おはようございます。


腸と脳


腸は頑張り屋さんで脳はワガママ。脳はエネルギー転換できるのがブドウ糖のみです。だから甘いもの、悪いものが大好きです。


人はまず視覚、臭覚で食べ物を判断します。目の前に甘くて美味しいそうな匂いのするお菓子があれば、脳は強烈に食べたいと判断します。多くの方は脳の判断に身を委ね、その美味しいそうなお菓子を食べてしまいます。


視覚、臭覚で食べたいと言う脳のワガママな判断のままに食べていれば、いずれ糖尿病などのリスクが生まれてきます。それに比べ腸は健気です。


何故なら、脳のワガママで食べた甘い物や悪い物でも何とか人の体に優しい物に変え、エネルギー転換しやすいように一緒懸命に働いてくれます。余分な糖分や塩分を外に出したり、3000種類もの酵素を作り悪い物でも分解、再結合させたりして少しでも体に役立つ物質へと変えようとしてくれます。働き者の頑張り屋さんなのです。


だから、脳のワガママな判断だけでなく、腸に食べてもいいか聞いてみるのも良いですね。


日々是好日 素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

閲覧数:34回

Comments


bottom of page