top of page

肥満⑤

おはようございます。


肥満  


肥満は、生活リズムの乱れが大きく関わっています。その一つに、脂肪を溜め込む働きとしてBMAL1(ビーマルワン)があります。この働きは、夜の22時以降に活発になるようです。


その為、食事が消化され吸収されるまでの時間を考えて、夕食は20時くらいまでに終えた方が良いです。


20時以降の食事は太るもとのようです。また、睡眠不足も太るもとのようです。睡眠不足により、食欲を抑制するホルモンのレプチンの分泌が悪くなり、食欲を促進させるホルモンのグレリンの分泌が増えるようです。


現在肥満体質の方が、腹八分目の食事(もう少し食べたい気持ち抑える)を習慣化していくと、脂肪細胞からeNAMPTが分泌され、脳に運ばれて飢餓状態を認識して遺伝子からサーチェン酵素が作られて、サバイバル機能が働き出して老化が遅れ100歳過ぎても元気、ピンピンコロリを実現できるようになるかもしれません。


生活のリズムを整えて肥満を防ぎ、ピンピンコロリを目指していきましょう。


日々是好日、素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

https://www.yuichi-otakeno.com/

閲覧数:22回

Commenti


bottom of page