top of page

mRNAワクチン②

おはようございます。


mRNAワクチンによって運ばれたコロナウイルスの突起の設計図を受け取った細胞内にあるリボソームは、その設計図から突起のタンパク質を沢山作り、細胞外に放出します。すると、免疫細胞が反応してB細胞がその突起のタンパク質を取り込み、突起にくっつく抗体というタンパク質を作っていきます。

ウイルスの突起にその抗体がくっつき、突起を利用して細胞に入り込むウイルスの力を阻害し感染を防ぎます。


さらに樹状細胞が突起のタンパク質を取り込み、キラーT細胞や司令塔のヘルパーT細胞に情報を伝えます。その情報によってキラーT細胞は、突起を持ったウイルスを攻撃して殺していきます。そして、ヘルパーT細胞の指令により、B細胞はさらに抗体を作り、キラーT細胞は活性化します。


免疫が活発に動くと熱が出るという副反応が起こることもあります。インフルエンザなどに感染すると熱が出たりしますね。免疫が活発に動くからですね。


mRNAワクチンは、抗体を作りウイルスの細胞への感染を防ぐだけでなく、免疫を活性化しウイルスを殺す力を高めるものです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:7回

コメント


bottom of page