top of page

咳とくしゃみの違い

おはようございます。


咳とくしゃみの違い。


気管は、肺門と言う左右の肺の入り口の手前で2本の気管支に分かれます。気管の内壁には、線毛と呼ばれる細かい粘膜突起があり、空気と共に侵入したチリやほこりや細菌・ウィルス等がこの線毛に引っかかると、気管の

粘膜が刺激され、神経を介している横隔膜や肋間筋が急激な収縮を起こして咳が出ます。この時の線毛についたチリなどの異物は、食道から胃に入り消化されますが、量が多いと粘膜に包まれた状態で、痰となって吐き出されます。又、鼻腔の粘膜にチリなどの異物がつくと、これらを追い出そうとして、くしゃみが出ます。


咳やくしゃみや痰は、空気中から体内に入ろうとする異物を排除する為に起こる現象です。


コロナ感染対策の為にも、咳やくしゃみによる飛沫を防ぐこと、痰などの処理の為にもうがいなどを習慣つけていきましょう。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:185回

コメント


bottom of page