top of page

微生物の世界

おはようございます。


微生物の世界


地球上には、顕微鏡でしか見ることのできない無数の微生物が存在しています。


その中には、電気を作る微生物や電気を食べる微生物もいるようです。


東京薬科大学 生命科学部 渡邉一哉教授のグループで、発電能力を持つ微生物の研究がされています。


酸素がないところで生きる菌の中には、酸素が無くても、酸素の代わりに外部の鉄イオンに電子を渡してエネルギーを得ることができる菌がいます。そして、この微生物は、近くに電極があるとこの電極に電子を渡して呼吸します。この性質を利用して電気を作ることができることが、実験で分かってきたようです。この様な菌のことを発電菌と呼んでいます。代表的な菌にシュワネラ菌という菌がいます。


この研究が進んでいくと、将来微生物による発電所ができるかもしれませんね。


微生物達には、色々な働きを持った菌がいます。これら微生物の働きを活用して地球環境を良くしたり、人の健康に役立てていく研究が、これからもすすめられていくと思います。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:6回

Comentarios


bottom of page