top of page

肥満③

おはようございます。


肥満


肥満は色々な疾患にも関連しており、恒常性維持に関わるホルモンのバランスを乱すことが分かっています。


例えば、女性ホルモンを乱し月経不順や不妊などの女性疾患に繋がることがあります。女性ホルモンのエストロゲンは、卵巣以外でも脂肪細胞からも分泌されています。


脂肪細胞に存在する酵素の働きで副腎から分泌される男性ホルモンをエストロゲンに変えているのです。その為、脂肪細胞が増えるとエストロゲンの分泌量が異常に増えてホルモンバランスを乱す危険性が増してくるのです。


また、閉経後の肥満は、乳がんや子宮体がんのリスクを上げると言われています。実は閉経後は卵巣からのエストロゲンの分泌量は減っていきます。


ところが肥満により脂肪細胞が増えるとエストロゲンの分泌量は増えてしまします。このエストロゲンが、がん細胞内のエストロゲン受容体と結合することで、がん細胞が増殖していくようです。


脂肪燃焼を促していくことです。まずは、近くの距離は車じゃなく歩きましょう。


日々是好日、素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

閲覧数:29回

Comments


bottom of page